新生銀行のノーローン申込みの方法とは

新生銀行のノーローンに申込むなら、パソコンやスマホなど携帯電話のネットから利用できます。もちろん従来の電話申込みの受付もあり、さらにネットにより必要事項を入力した後の過程について、同じ新生銀行グループのレイクの自動契約機も利用できます。このいずれかの方法から選べるので、カードローンの申込みは選択肢が広がります。

ネット通知した情報より、ノーローンは審査に入ります。次にノーローンの申込みに必要になる書類として用意する物は、本人確認のできる運転免許証や健康保険証、パスポート、住基カードなどのうち1点だけ準備してください。ただ借り入れ予定の金額によっては収入証明書の提出を求められることが考えられますので、その場合は源泉徴収票などが該当する書類となります。

本人確認が終了すれば、即日融資も可能になりますが、審査結果の通知される時間によって関係するので、できるだけ午前中に申込手続きを終了しておくことが確実性を高めます。

ノーローンの基本的な申込手続きとなれば、これだけの過程になりますので、複雑な作業について心配はないでしょう。あと契約書類の送付などありますが、即日融資を希望の場合は、郵送書類が到着する事前でもキャッシングまでが可能になります。

新生銀行のノーローン審査時間とは

カードローンの申込みで一番心配されるのは、審査についてでしょう。ここが通過しないとノーローンに限らず、カードローンとはすべて作ることが難しいわけです。あまり結果を待たされるのであればストレスになるでしょうから、審査時間がどのくらいなのか気になるでしょう。

ただノーローンは審査時間の早さをセールスポイントにしてないので、あまり過大な期待は危険かもしれません。でも即日融資について可能になるので、もちろん審査はできる範囲でスピーディーに進められます。ただ審査時間について公式サイトに明記してないのですが、口コミ情報によると2時間くらいはみておいた方が確実性は高まるかもしれません。さらに申込み状況が混み合うことがあれば、審査時間が長引くことは考えられます。

またノーローンの利用者の口コミサイトなど覗くと、やはり新生銀行のカードローンなので、ある程度の厳格さを求められる覚悟はしておいた方が無難なようです。だから審査時間について早さを期待するより、審査内容や通過の方が心配になる可能性が高いかもしれません。